mAi blog

音楽やカルチャーについて、気になることを気ままに書いています。

HOPE THE FLOWERS「Nature of EVERYTHING」(Thai)

先日遅めの夏休みをとってバンコクへ。友人に紹介され訪問したレコードショップ・DJ SIAMで勧められたのがHOPE THE FLOWERS(以下、HTF)の「Nature of EVERYTHING」だ。

HTFは、Narongrit Ittipolnavakulのソロプロジェクトであり、2013年より活動をスタート。現在はサポートメンバー4人を加えたバンド体制で活動を行っているとのこと。タイ中心の活動、かつ結成4年程度と比較的若いバンドであることから、日本国内において彼らに関する情報はそう多いとは言えない。しかしながら、オフィシャルHP内のプロフィール「puFF。」エントリー内インタビューから、HTFの音楽背景を感じ取ることができる。

Hope the Flowers, a solo project by Narongrit Ittipolnavakul. Like watching the spring sakura blooming, winter snow falling while listening to Japanese rhymes, the combination of the powerful rhythm with the sweet melody, inspired by his musical experience and all the component he like, resulting an emotionally touching instrumental post rock compositions.
HOPE THE FLOWERSはNarongrit Ittipolnavakulのソロプロジェクト。日本詩を聴きながら満開の桜や舞い落ちる雪を見ることや、彼の音楽的な経験や彼の好きなものたちから影響を受けたパワフルなリズムと甘いメロディが、エモーショナルで琴線に触れるポストロックを生み出している)

引用元:Hope the flowers official HP | Facebook

僕は特に日本の文化、日本の映画が好きです。
桜がはらはら舞い落ちるところ、雪が降ってくるところをいつか自分の前で見れるのは最高の夢で、それが体験できたら自分にとっては人生で最高の幸せだと思います。
そういう夢が持っていることで、曲づくりの時は日本やアジアの穏やかな感じとヨーロッパロック系の重みがあるリズムパーツを その2つの組み合わせで再現させようと思っています。
引用元: Hope The Flowers – puFF。

Narongrit自身が日本好き、かつ日本のバンドから多大な影響を受けているということもあり、HTFの楽曲たちは、タイで生まれたものでありながらどこか懐かしいものを感じる。

僕自身はポストロックを、卓越したスキルを持つプレーヤーが結集してお互いのテクニックをぶつけ合いながら隙間という隙間を音で満たしていくタイプと、音の隙間を意図的に生み出して大きな感情の波を作っていくタイプの2つに大別して捉えることが多いが、HTFの音楽は後者にあたると言える。

特にこの「Nature of EVERYTHING」は、全編をとおして日本的な懐かしさを感じさせながらも、大きな音のうねりの中に異国情緒を感じさせるギターとキーボードの旋律が散りばめられているのが特徴だ。この心地よい浮遊感に満たされたメロディーと、地球や太陽、空や川といったテーマが融合して生まれる楽曲たちが、まるで子供の頃に熱中したRPGの世界にいるかのような感覚を味あわせてくれるのだ。

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

東南アジアの国々を訪れるたびに感じるのは、彼らの日常に当たり前のものとして信仰があり、祈りがあるということだ。そういったものからもたらされる心の平穏や安らぎが、そこで生まれる音楽にも影響を与えていて、悠久を感じさせる唯一無二のメロディーが形成されていく。特にポストロックはその傾向が色濃く出やすいのではないだろうか。

 HTFは2017年11月に新アルバムを発売予定とのこと。こちらもすでに予約済なので到着を楽しみに待ちたい。

 

 

Nature of Everything

Nature of Everything