読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ai_Tkgk's Soliloquy

音楽やカルチャーについて、気になることを気ままに書いています。

気になる洋楽〜2ピースバンド編〜

洋楽

突然ですが、僕、2ピース編成のバンドって結構好きなんです。 つい先日、友人から洋楽の若手バンドのアルバムを何枚かプレゼントしてもらう機会がありまして、その中でもダントツでどストライクだったのが2ピースバンドだったんです。 ここ最近、洋楽邦楽問わず比較的大所帯バンドの音源を耳にする機会が多かったせいか、2ピース特有の、音数が少ないゆえにシンプルで限られた表現の中で、独自性を発揮していくあの感じがとても新鮮に感じました。 ということで、今回は僕が大好きな2ピースバンド(洋楽)を4組紹介したいと思います。

The White Stripes(US、1997-2011)

white stripes.jpg

 

The White Stripes(以下、ストライプス)は、Vo.&Gt.(時にKey.)のJack WhiteとDr.のMeg Whiteからなる、もはや「2ピース界のレジェンド」と評しても良いようなバンドです。 The Strokesと共にガレージロックリバイバルを牽引したバンドで、2000年代のロック史を語る上では欠かす事ができない存在ですね。 ストライプスの魅力は、なんと言っても「"徹底する"という哲学」に尽きます。 その哲学ですが、例えば彼らが「3」という数字に徹底的に拘っていた事が挙げられるわけです。 衣装もジャケット写真もビジュアルに関わる部分については「赤」「白」「黒」の3色しか使わなかったり(上のアーティスト写真も見事に三色)、楽曲についても「ドラム」「ギター(時にピアノ)」「ボーカル」という3つの音のみしか使わなかったり(彼らはライブでサポートメンバーは加えず、2名のみで演奏を行います)。 時に静かに、スイッチが入った瞬間にステージ上を右へ左へ動き回りながらバカテクを披露する"動"のジャックと、お世辞にも巧いと言えない(たまにリズムずれるし)、けどただひたすらにマイペースなドラミングが不思議な魅力を生み出す"静"のメグの対比がなんともいえない佇まいを醸し出す唯一無二のバンドでした。 "今まで築き上げてきた自分たちの音楽・アートを最高の形で残したいため"が解散理由というところも彼ららしいというか、なんかもう全てが徹底していて最高なんですよね。

 

 

Blood Red Shoes(UK、2004-)

 

bloodredshoes.jpg

 

Blood Red Shoes(以下、BRS)はVo.&Gt.のLaura-Mary CarterとVo.&Dr.のSteven Ansellからなるイングランド出身のバンドです(ストライプスとは性別と担当楽器が逆)。元々は違うバンドに所属していた2人がセッションを経て意気投合しバンドを組むに至ったとのこと。 Blood Red Shoesはとにかくビジュアルがかっこいい。 ローラ、スティーブン共にモデル並みの容姿(実際、本国ではモデル活動もしてるみたいです)なんですが、お互い無表情で淡々と演奏をしながら、それでいてそれぞれの音が立つエッジの効いたライブをする様がまた絵になるんです。 個人的には、立っているだけでも絵になるバンドっていうのはそれだけでも才能だと思っていて、彼らは今僕の中でその代表格ですね(もちろん、楽曲も骨太なロックンロールが多くてかっこいいですよ!)

 

 

■twenty | one | pilots(US、2009-)

 

twentyonepilots.jpg

 

TWENTY | ONE | PILOTSはVo.&Key.のTyler Joseph、Dr.のJosh Dunからなるアメリカ・オハイオ出身の2ピースです。2ピースというとギター&ドラムという組み合わせが多い中、ギターレスは珍しいですね。 日本では2012年夏にフィジカルリリースのないままFUJI ROCKでRED MARQUEを満員にし、その勢いで冬のRight-onのCM(蒼井優主演)に楽曲が採用され、話題になっていました(関係ないけど、このCMの蒼井優めっちゃかわいい)。

 

 

そして、満を持して今年、SUMMER SONICのSONICステージに登場。サマソニ終了後、僕のTL上では彼らを「ベストアクト」に挙げる声が非常に多く、ついに突破口を開いた感があります。 ダンスミュージックをベースにしてポップさを兼ね備えた彼らの楽曲自体とても魅力的なのですが(彼らの音はパスピエとかゲスの極み乙女。あたりに通じると思います)、なんといってもジョシュのドラミングが最大の見物です。 「これぞアメリカ人!」と言えるような、大振りで叩き付けるようなダイナミックなドラミング(友人は「ゴリラみたい」と言っていました 笑)は、一見下手そうに見えるのに実は正確というギャップ(笑) 彼ら自身、日本愛を度々コメントしているので近々来日がまたあるんじゃないかな、とか思っています。

 

■HONEYBLOOD(UK、2012-)

 

honeyblood.jpg

 

冒頭で書いた友人からもらったCDがカノジョ達です。 Dr.のShona McVicarとGt.&Vo.のStina Marie Claire TweeddaleからなるHONEYBLOODは、UKのFATCAT RECOEDSより今年デビューアルバムをリリースしたばかり。 僕は基本的に「ガールズバンドは正義だ!」とか思っているんですが(笑)、さらに2ピースというのが素晴らしいですね。ステージの真ん中にドラムとギターだけをセットし、女子2名が演奏するのって絵になります。 楽曲自体は、ガレージロックをベースにしつつ、オンナノコっぽいかわいらしさも織り交ぜたガレージポップという感じ。演奏はまだまだ荒削りですが、ただひたすらに楽しみながら一生懸命音を鳴らす姿はとてもキュートでかっこいいですね。 下のライブ映像「Killer Bangs」は疾走感溢れる楽曲で、夏に爆音で流しながら何も考えずに海沿いをドライブとかしたいですね。