mAi blog

音楽やカルチャーについて、気になることを気ままに書いています。

2015年ベスト女の子ランキング

友人でもあるまっつくん( @HugAllMyF0128 )の企画にのっかってみましたよ。まあ、基本的に僕、オンナノコ大好きですからね、うん。
なんか「順位つけるなんて・・・」とかいう人いそうだけど、あくまでも「Ai_Tkgk個人が2015年に心惹かれたオンナノコ」という理解でご覧下さい。

以下、それぞれ写真と簡単なコメントを記載しています。
まずは、悩みに悩んだ結果、10人からはこぼれてしまった方から。

■小坂真琴さん

f:id:Ai_Tkgk:20151222011409j:plain

福岡のFMラジオ局・cross fmでMCを務める「まこっちゃん」こと小坂真琴さん。僕は、月に最低1回は福岡に出張しているのですが、そのたびにカノジョの声としゃべりに癒されてます。


10.アイナ・ジ・エンドさん(BiSH)

f:id:Ai_Tkgk:20151222012251j:plain

アイドルグループ「BiSH」のメンバー。正直な話、アイナさん、好みの系統の顔じゃないんです。ただ、なぜか不思議と惹かれるから不思議なんですよね。ちなみに、「BiSH」は、ライブはおろか、動画すらもほとんど見たことがないので、16年は“動くアイナさん”を見てみたいと思います!


9.河村友歌さん

f:id:Ai_Tkgk:20151222012254j:plain

カノジョのこと、見たことある人も少なくないのでは??“かわいすぎるフリー素材モデル”の「ゆかちぃ」こと河村友歌さん。バイト情報サイト「an」の広告で知って以来、様々なサイトで目撃(笑)し、気になっていました。素材の影響か、女子高生のイメージが強い河村さんですが、実際は女子大生とのこと。テンション高めなTwitterもギャップがあってステキです!


8.Misakiさん(SpecialThanks

f:id:Ai_Tkgk:20151222012250j:plain

愛知発メロディック・パンクバンド「SpecialThanks」のGt.&Vo.のMisakiさん。8年くらい前にライブハウスで見て、「かわいいうえに楽しそうにギター弾くなぁ」という印象を受けたのがきっかけで、音源はずっと聴いていたのですが、なかなか見る機会に恵まれず・・・。今夏、久々に見る機会があったのですが、物凄く大人びていてびっくりしました。「SpecialThanks」は、西海岸系のポップさを兼ね備えたパンクが魅力なんですが、ステージ上で、とにかく楽しそうにライブをするMisakiさんは、このバンドにとって最高のフロントマンだと思います!


7.まりな(ゆゆん、ex.日本マドンナ)

f:id:Ai_Tkgk:20151222012253j:plain

元・「日本マドンナ」、現・「ゆゆん」のギタリスト・まりなさん。ギターに支えられてるかのような華奢な見た目とは裏腹に、パワフルなプレイとのギャップがとてもかっこいいのと、時折見せる笑顔がぐっとくるんですよね~。「SpecialThanks」のMisakiさんもそうなんですが、僕はやっぱりバンド女子には弱いっす(笑)

 

6.片山友希さん

f:id:Ai_Tkgk:20151222012256j:plain

大阪のバンド「ココロオークション」が自分達の楽曲を元に製作した、ある男子と女子の3つの夏を繋ぐ短編MVに、主役・なっちゃん訳を演じた片山友希さん。この3本がもう、本当に青春ど真ん中で、見ていると甘酸っぱい気持ちが止まらなくなるわけです。二人の3年間を追いかけているうちに、どんどん大人びていく片山さんの姿に、一瞬、恋しそうになること請け合いです。

<ココロオークションMV集>

第1話「蝉時雨」 
第2話「夏の幻」
第3話「雨音」


5.Lauren Mayberryさん(CHVRCHES

f:id:Ai_Tkgk:20151222012249j:plain

イギリス・グラスゴー出身のシンセポップバンド「CHVRCHES(チャーチズ)」のVo.ローレン嬢。華奢な見た目に舌ったらずな歌い方が可愛らしいですが、その一方で、ジャーナリズムの博士号を持ち、執筆論文でジャーナリズム・アウォード経験もあるという才女な一面も魅力の一つです。新作「Every Open Eye」のリリースもあり、今年はカノジョを見かけることが多かったのですが、やっぱり可愛いですねぇ。そろそろ来日してくれないかな。。

4.足立梨花さん

f:id:Ai_Tkgk:20151222012255j:plain

今年、よくテレビで見る機会が多かったのですが、天真爛漫でいつも笑顔、そして意外なほどにノリがよく、結構笑いも取りにいけちゃう。クラスメイトにいたら真っ先に友達になりたいタイプです(笑)。足立さんの存在自体は数年前から知っていたのですが、今年急激にグッと惹かれた、という点ではちょっと特殊な例かもしれないです。


3.マギーさん

f:id:Ai_Tkgk:20151222012252j:plain

2015年大ブレイクを果たしたマギー。すごすぎるスタイルに、スタイルを保つためのストイックさも含め、もう素晴らしいなぁの一言ですね。「バズリズム」で横山健氏が出演した際に、ギター持ってる姿が素敵でした(笑)。マギーは、三年くらい前に上地雄輔が主演の深夜番組(たしかネスレが提供のカフェを舞台にしたドラマみたいなやつ)に店員役で出演していて、よく奥さんと「可愛い子が出てるねぇ」なんて言ってたんですが、まさかこんなにビッグになるとは!という感じです。ちなみに、足立梨花さんが「クラスメイトにいたら真っ先に友達になりたい」人なら、マギーは「話しかけられない高嶺の花」です(笑)


2.和泉真弥さん

f:id:Ai_Tkgk:20151222012257j:plain

映画「テラスハウス クロージング・ドア」出演の和泉真弥ちゃん。竹を割ったような性格に、男勝りの毒舌、ただ実はものすごく気遣いができたり、気になる男性の前ではめちゃくちゃ乙女だったりと、ギャップ萌えど真ん中なオンナノコです。映画出演後、芸能界に入ることなく、そのまま一般人に戻る潔さもステキですね。

 

1.佐久間由衣さん

 

f:id:Ai_Tkgk:20151228010729j:plain

正直、2015年は「和泉真弥ちゃんで決まりだなぁ」って思ってたんですよ。10月くらいまで。で、11月になって、土曜たまたまテレビをつけたらやっていたドラマ「トランジット・ガールズ」に主演している佐久間由衣さんを見て、一気に一位が入れ替わりました。すらりと長すぎる手足、どこかアンニュイな表情がグッと惹かれますね〜。「vivi」のモデルということで立ち読みしてみたら、ファッションもかなり個性的で面白い!ドラマ出演で認知度もグッと上がったらしいので、2016年のさらなる活躍も期待大です!

 

<まとめ>
#2015年ベスト女の子ランキング
10.アイナ・ジ・エンドさん(BiSH)
9.河村友歌さん
8.Misakiさん(Specialthanks
7.まりなさん(ゆゆん)
6.片山友希さん
5.Lauren Mayberryさん(CHVRCHES
4.足立梨花さん
3.マギーさん
2.和泉真弥さん

FUJI ROCK FESTIVAL’15 MY TIME TABEL〜DAY3(7/26)

前回・前々回に引き続き、今回もFUJI ROCK'15のMY TIME TABLEをまとめます。

ちなみに、台風13号が発生、25日に苗場に直撃の可能性あり、という不安なニュースも聞こえてきましたが(7/20現在)、晴れて欲しいと思いつつ、1日くらい土砂降りもあってもいいかもなぁ、とか思っちゃうあたり、よくないですね(笑)

 

 

◼︎10:50〜 Manic Sheep @ RED MARQUEE

昨年、ROOKIE'S A GO-GO出演時には会場を大きく沸かせた台湾発のManic Sheep(その甲斐あって今年はメインステージの1つレッドマーキーへ)。Vo.&Ba.のChrisのキュートさも話題になりました。彼女たちのシューゲポップなサウンドはとても聴きやすく、最終日の朝を始めるにはぴったりです。昨年は3ピースでしたが今年は5人に増えているとのことなので、音や見せ方の変化にも注目しています!

◼︎11:30〜 [Alexandros] @ GREEN STAGE


ここ数年でメキメキと実力をつけ、国内の代表的なバンドの1つにのし上がった感がある彼ら。僕自身は、なんとなくこれまで機会に恵まれずあまりライブを見た事がありませんでしたので、せっかくなので足を運んでみようと思っています。日頃からOasis好きを公言している彼らですが、同日にノエルが立つそのステージでライブを行うとあって並々ならぬ気合で臨むのではないでしょうか。とても楽しみです。

◼︎12:40〜 cero @ WHITE STAGE


東京インディーシーンの先頭を引っ張るcero(インディーシーンという括りすらもう彼らには失礼かも・・・)。5月に出た新作「Obscure Ride」の完成度が素晴らしすぎたにも関わらず、機会が合わずで未だにライブを見れていませんでした。そんな彼らの今のモードをようやくこの場で見ることができます。彼らの音楽でしっかり浮遊できるよう、お酒片手にホワイトに向かう予定です。

◼︎14:30〜 THE BOHICAS @ RED MARQUEE

イギリスが世界に誇るレーベルの一つ「Domino Records」が送り出す期待の新人。初期のアークティックモンキーズを感じさせる、どことなくガレージの匂いを漂わせたロックンロールはRED MARQUEEにぴったり。せっかくだし前の方で踊りたい!ということでちょっと早めに会場入りの予定です。

◼︎15:20〜 JOHNNY MARR @ GREEN STAGE

THE SMITHのギタリストとしても有名なジョニー・マー。僕は中学生の頃からUKロックが好きだったので、スミスはそれこそかなり聴いてきたと思いますが、ソロになってからのマーの作品は全くチェックしていませんでした。だからこそ、まずは彼のライブでソロを体感してしまおうというアレです(笑)。ちなみにプライベートでも彼と親交のあることで有名なノエル・ギャラガーも同日出演ということもあり、ちょっとしたサプライズを期待していたりもします。

◼︎16:10〜 JENNY LEWIS @ RED MARQUEEと16:10〜 大橋トリオ @ WHITE STAGEで迷い中

◼︎17:20〜 椎名林檎 @ GREEN STAGE

東京事変終了後、ソロ名義になってから初フジロック椎名林檎嬢。どのようなステージなるか今からとても楽しみです。どうせなら、初期の楽曲なんかも披露してくれたら嬉しいなぁ、とか思います(の期待を込めて、動画はギブス)。

◼︎19:20〜 BENJAMIN BOOKER @ FIELD OF HEAVEN


上記のDomino Recordsと双璧を成すイギリスのレーベル・ROUGH TRADEと契約、昨年デビューアルバムを出したBENJAMIN BOOKER。ブルースやロックンロール、ソウルの要素を詰め込んだ音楽はJACK WHITEがツアーのサポートアクトに選出したということも納得です。先日の来日公演、チケットゲットできずで見ることができなかったので、ここでしっかり見てきます。

◼︎20:30〜 OF MONSTERS AND MEN @ RED MARQUEE

ビョークシガー・ロスを輩出したアイスランド出身の6人組。世界各国のフェスの映像を見ながら、代表曲「Little Talks」の大合唱をいつか一緒にやってみたいと思っていましたが、ついにそのチャンスがやってきました!彼らを見る予定の方、ぜひ一緒に踊りましょう!

◼︎21:40〜 FKA twigs @ WHITE STAGE


今年1月にリキッドルームで行われた来日公演は即完売、世界中の感度の高いクリエイター達の話題をかっさらい続けるFKA twigs。ジャマイカとスペインの血を引いた、オリエンタルかつエロチックなビジュアルだけなくその体躯から繰り出されるダンスも含めて完全に「完成されたアート」だと評される彼女のステージ、裏でやっているノエルのステージを蹴ってでもみたいと思っています。彼女のステージングもみたいので、フロントエリアより少し後ろ目で、いい場所取れるといいなぁ。

※ちなみに終了後はダッシュでノエルに向かいますよ(笑)



以上が3日目のタイムスケジュールです。この後は楽しみでしょうがない女王蜂が控えています。



あとは朝までRED MARQUEEとROOKIE'S A GO-GOを行ったり来たりという感じでしょうか。。。

ということで、全3回に渡ってMY TIME TABLEをざっくりまとめてみました。いよいよ今週末はフジロック!行く予定の皆さん、楽しみましょう!

※もし余裕があれば、僕が見れない気になるアーティストをまとめてみよう思います。

FUJI ROCK FESTIVAL’15 MY TIME TABEL〜DAY2(7/25)

前回、FUJI ROCK初日のMY TIME TABLEをまとめました。

今回は2日目、7月25日についてまとめてみます。

◼︎11:00〜 Rafven @ WHITE STAGE

Rafvenはスウェーデン出身の"にぎやかし"バンド。2009年、フジロックに初出演した彼らは前夜祭も含め7ステージに登場して次々にフジロッカーを虜にし、現地での物販CD売上記録を塗り替えるという伝説を創っています(ちなみにこの記録は未だ破られていません)。2度目の出演となる今年も沢山のステージに出演が決定済みですが、あえて彼らの中で一番大きいステージとなるWHITEで、どのような盛り上げを見せるのかを目撃したいと思います(といいつつ、前日深夜のCRYSTAL PALACEのライブも見ると思いますが 笑)

◼︎11:30〜 10-FEET @ GREEN STAGE 


大学生の頃(10年くらい前ですが)、八王子の、そう大きくないライブハウスでよくライブを見ていた彼ら。僕からすると「パンクシーンの若手リーダー」みたいな印象が強いんですが、ここ10年で圧倒的な存在感を発揮してシーンを引っ張る存在としてフジのメインステージに登場するとあっては、ぜひ"フロントエリア"で騒ぐしかないという気持ちです(笑)

◼︎12:40〜 RIZE @ WHITE STAGE

2日目は完全にアラサーロック好きホイホイなセレクトじゃないか、とツッコミを入れたいくらいです(笑)。最近はメンバー三人のソロ活動も目立ちますが、ハイスキルな三人が全力で音をぶつけ合えるのがRIZEだと思います。思いっきり晴天の中、アツい音を浴びたいです。

◼︎13:20〜 Hiromi The Trio Project feat.Anthony Jacksons and Simon Phillips @ GREEN STAGE


上原ひろみさんのステージを見ると、目の前に繰り広げられているのはジャズなのか、ロックなのか、まったくわからなくて、ただただ「すごいもんを見てしまった」という圧倒的な衝撃だけが心に残るんです。GREEN STAGEにボーカルなしのグループが出るってこと自体も非常に珍しいと思いますし、そのあたりに関する期待も込めて今回も圧倒されに行ってきます。

◼︎14:20〜 KEMURI @ WHITE STAGE


12年の再結成以来、オリジナルアルバム2枚、幾度に渡る国内ツアーにUSツアー、フェス行脚とまるで若手バンドのように精力的な活動を続けているKEMURI。彼らについてはかれこれ15年、数多くのライブを見てきてるんですがFUJI ROCKでの彼らのライブがNo.1っていう人が多いんですよね、そして僕は見たことがないっていう。。。ゆえに今回はなにを捨ててでも見に行こうと決めていました。久々に全力のスカダンスをかましてきます!

◼︎15:20〜 NATE RUESS @ GREEN STAGE


先行して発売されたソロデビュー盤は彼の所属するバンド・Fun.よりも音数が多くて壮大感が増しているというか、よりQueen色が強くなっているという印象を受けました。せっかくなのでFun.の楽曲披露もないかなぁ、なんてこっそり期待もしています。
※ちなみにサマソニにはFun.のギタリスト・BLEACHERSが出演するのでこちらも要注目です!

◼︎16:10〜 twenty one pilots @ WHITE STAGE


「これぞアメリカ!』と思うようなダイナミックなドラミング(ぜひ映像を見て欲しい)と繊細なピアノ、ボーカル・タイラーのハイトーンな歌声が組み合わさった楽曲達は、日本人が好きなエモーショナルさをどことなく感じさせる素敵なものばかり。2012年の出演時にもダイナミックな演奏が話題になっていましたし、今回もきっと伝説を作ってくれるはずです!

◼︎18:00〜 SUPER FURRY ANIMALS @ WHITE STAGE


演出も含めてライブをひとつのショーとして楽しめるバンドの代表格が、昨年出演したTHE FLAMING LIPSと今年出演するSUPER FURY ANIMALSだと思います。ここに貼ってある今年のグラストンベリーの映像を見ていても、どんなセットをステージに用意してくれるのかも含めて楽しみです。

◼︎19:20〜 deadmau5 @ GREEN STAGE


「ネズミDJフジに登場!」
有名どこのトラックを数曲聞いたことがあるのみで詳しくはないのですが、せっかくの機会ですし、周囲から「ぜひ見るべし」の声も多いのでお酒片手に踊ってきます。

◼︎21:30〜 MUSE @ GREEN STAGE


WHITE STAGEのBELL AND SEBASTIANと迷ってたんです、正直。ただ、世界中のフェスに精通し、友人でもあるFestival Junkieに「今年のMUSEは絶対見た方がよい」とのPUSHを頂きましたので決意しました(笑)。彼曰く、今年のMUSEは世界中のフェスに出演しており仕上がった状態でフジの舞台に立つこと、かつアジアでのフェス出演はフジのみであり気合が入っているとのこと。新作自体もすごく力強い音像が魅力的な作品でしたし、Mercyを大合唱してきます!

 

ということで、二日目は邦楽ばかり、かつほぼホワイトとグリーンの往復になりそうです。そして3日間で一番体力使いそう(笑)

次回は最終日、7月26日のMY TIME TABLEをまとめてみます。

FUJI ROCK FESTIVAL’15 MY TIME TABEL〜DAY1(7/24)

「あといくつ寝るとFUJI ROCK!」

いよいよやってきますね、FUJI ROCK FESTIVAL '15が。昨年に引き続き、今年も4日間(前夜祭含む)フル参加予定です。ということで、各日のMY TIME TABLEを3回に分けてまとめてみます。今回は初日(7/24)です。

■11:30~ STONE FOUNDATION @ RED MARQUEE

イギリスを拠点に活動する7人組バンド・STONE FOUNDATION。ソウルやジャズをベースにしつつ踊れる音楽を奏でる彼ら。
スカ・レジェンド The Specialsの前座を務めあげる生粋のライブバンドであるSTONE FOUNDATIONのライブを、冷えたビールを御共にしつつ、フジロックをスタートさせる所存です!

■12:10~ チャラン・ポ・ランタン @ FIELD OF HEAVEN


PINK FLOYDのデイヴ・ギルモアからの共演オファーを「よくわかんないバンドだから」という理由で断ったという伝説を持つ(?)ももと小春の姉妹ユニット。昭和歌謡を感じさせる楽曲に大道芸にルーツを持つ「見せる」ライブがとても大好きで、行くフェスに出演してる時はほぼ毎回見てます。
フジのステージでどんなライブになるのか、今から楽しみです。

■12:50~ THE VACCINES @ GREEN STAGE


2011年のデビュー以来、音源や動画を追いかけ続けているTHE VACCINES、ようやく見れます!ローファイなサウンドにどこか鬱屈さを感じさせるルックスから醸し出されるギターロックのカッコよさ、存分に味わってきます。

■14:00~ THE DISTRICTS @ RED MARQUEE 


アメリカのインディーシーンを牽引するフィラデルフィアから飛び出した4人組・THE DISTRICTS。世界デビュー盤「A FLOURISH AND A SPOIL」は、どの曲もどことなく甘酸っぱさを感じさせる美メロに溢れていて僕の好みドンズバでした。初日、最も楽しみなアクトの1つです。

■16:00~ the LOW-ATUS @ GYPSY AVALON

f:id:Ai_Tkgk:20150715180728j:plain

The Hiatusの細美武士とBRAHMANTOSHI-LOWによる弾き語りユニット。どちらのバンドも大好きなのに、実はこのユニットのライブは見たことがないのです。ということで、震災復興のために活動している彼らをアヴァロンで見れるせっかくの機会、大事にしてきます。

■16:20~ JOEY BADA$$ @ WHITE STAGE


N.Y.はブルックリンを拠点に活動する若干20歳の新鋭ラッパー。海外のHIP HOPのライブって未経験なんです。このJOEY BADA$$、僕の周りのHIP HOP好きの間で評判がすこぶる良い。ゆえに海外のHIP HOPのライブがどんな感じなのか、彼のライブで体感してくる予定です。

■16:50~ ONE OK ROCK @ GREEN STAGE


ONE OK ROCKがフジのラインナップに並んだ時、結構批判的な声が上がっていたんですけど、僕はすごくアリだなと思っています。最新アルバム「35XXV」は完全に世界を見据えた音作りでしたし(海外版も出ること決まりましたね)、海外ツアーを回って地力を鍛え上げた今の彼らを海外勢と共にフジで見たいって素直に思えます。

■17:50~ ASH @ RED MARQUEE


ASHが帰ってくる!もう他に言うことはありません。みんなとShing Lightを合唱してきます(笑)

 

MOTORHEADハナレグミで悩み中・・・

 

■20:00~ ROYAL BLOOD @ WHITE STAGE


ドラムとベースの2ピースという変わった編成。にもかかわらず、物凄く豊かなメロディがあふれ出てて、彼らの音楽を聞くたびに「ベースってこんなに色んな事ができるんだなぁ」と実感させられます。グラストンベリーのライブ、もう10回以上見てるので、生で体感できるのがとても楽しみです。

■21:00~ FOO FIGHTERS @ GREEN STAGE


初日のトリは間違いなく彼らです。2011年の来日キャンセルからずっと待ってましたから(笑)昨年出た「SONIC HIGHWAYS」の楽曲も聴きたいし、過去の名曲たちの披露も期待して止みません!

 

というのが初日のタイムスケジュールです。FOO FIGHTERS後は主にROOKIES A GO GOに入り浸っているかと。
次回は2日目を更新予定です。

定額制ライブ行き放題サービス「sonar-u」について

ライブにも定額制サービスがスタート!?

2015年9月サービスリリースに向けて、定額制ライブ行き放題サービスである「sonar-u」のプレサイトが6月からオープンしているようです。

定額制ライブ行き放題サービス|sonar-u(ソナーユー)

 15年6月に入り、AWALINE MUSIC が立て続けにサービスを開始し、7月1日にはApple Music もスタートと、ここにきて(海外からはだいぶ遅れを取りましたが・・・)日本にも定額制音楽聞き放題サービスの波がやってきたなぁと思っていましたが、このタイミングで定額制の”ライブ行き放題”サービスまで始まるとは、あまりの速さにちょっとびっくりしました。

サービスの本格開始まではまだ時間があるということもあり、プレサイトでは情報が断片的ではありますが、気になるサービスということもありちょっと調べてみました

「ユーザー」「アーティスト」「オーガナイザー」3方向に向けたサービス展開

プレサイトを見た感じ、「sonar-u」はユーザー、アーティスト、オーガナイザー(=イベンター)の3者に対してサービスを提供しているようです。現時点で把握できるサービス概要を上記3者に分けて以下にざっくりまとめてみます。

対ユーザー

ユーザーは3種類のフリーパス期間(1ヵ月、2カ月、3カ月)を選択し、期間に応じた金額を支払う。それぞれの価格は1ヵ月:1,800円、2カ月:3,400円、3カ月:4,800円。sonar-uサイト上で支払い予約、予約後に現地(ライブハウス)で支払う形式。
・現地支払をした日からフリーパス期間がスタート。ユーザーが選択した期間内はsonar-uサイト内に掲載されているライブが無料で楽しめる。但し、ライブによってはドリンク代(500〜600円程度)等別途費用がかかる場合がある。
・フリーパス購入後は、ライブの参加予約はsonar-uサイト上から行う。キャンセルは前日までにサイト上から行う。
・ユーザーは参加ライブのレビューをsonar-uサイトに掲載が可能
・ユーザーは登録アーティストの中から特に応援したいアーティストとして「サポートアーティスト」を選定できる。

対アーティスト

・運営事務局による審査通過後、sonar-u登録アーティスト(u-artist)となる。
sonar-u主催、もしくはsonar-u登録オーガナイザーの主催イベントにノルマ0で出演が可能(ライブ活動の積極化促進)
sonar-uユーザーが選定する「サポートアーティスト」となると、当該ユーザーの月会費の一部を受け取ることができる(活動サポート)。
sonar-u提供の全てのライブ、イベントに無料で参加可能(新規出会いの創出)。

対オーガナイザー

・運営事務局による審査通過後、sonar-u公認オーガナイザーとなる。
・自らのイベントにu-artistを出演料なしでブッキングできる(ブッキングの円滑化)
sonar-uにてイベント告知が可能。アーティストサポーターからの情報拡散も期待(宣伝効果増)
・u-artistブッキングにより、sonar-uユーザーのイベント参加が見込める(集客力増)

現時点で考えられる課題点、Sonar-uに期待したいこと

本サービスの特徴は、言うまでもなく「フリーパス期間中はチケット代なしでライブを見れること」(かつ、比較的低価格)になります。そこから考えると、登録ユーザーのボリュームゾーンは、比較的イベントに行く時間を取りやすい「学生」になるのではないでしょうか。

その場合、別途発生する費用の積み重ねがどの程度参加行動に影響を与えてくるのかはこのサービスの趣旨実現に向けて大きなポイントになってくるのではないかと思います(毎回ほぼ500円かかるとしたら学生には結構厳しいのではないでしょうか)。さらに、(細かい部分にはなりますが)キャンセル手続きについても、サイトから直接できるのではなく事務局に都度メールを送らなければならないという手間がかかるため、スマホ世代には面倒くさく感じ無断キャンセルが発生する危険性もある気がしています。

また、「サポートアーティストの仕組み」は、登録アーティストにとってはとても重要な関心事になるでしょう。現時点での情報では、アーティストがsonar-uから得る事ができる収益はサポートアーティストに選ばれた場合のユーザー月会費の還元のみだからです。Sonar-uに参加することで、長期的に見ればファン獲得や自分たちの出演イベントへの集客が見込めるとはいえ、毎回無料のライブを続けていくモチベーションを維持していく事はとても大変なことだと思います(ともすれば、同じ時間を少しでも収益が上がる別のイベントや自主企画に使おうと思い立つアーティストも現れるでしょうし)。

運営側の運営費や収益を考えると、1人あたりのユーザーから得られる還元額はそう大きなものにはならないと思いますが、それゆえ1ユーザーあたりが選定できるサポートアーティスト数やどのような手続きでサポートアーティスが選出されるかという仕組みの見える化は、sonar-uを成立させ続ける基盤となるアーティストの囲い込みにとって非常に重要だと思います(余談ですが現時点での情報だけ見るとu-artistのブッキングが無料ででき、一方で自主企画のチケット代は得ることができる公認オーガナイザーが一番得している気が・・・・)。

「新しい音楽との出会い」という同じコンセプトを持ちながらも、いつでもどこでも手持ちのデバイスからアクセスすることができる定額制音楽聴き放題と比べ、ある程度まとまった時間が必要かつ会場に足を向かわせねばならないライブ見放題では、環境設定に大きな差があるように思います。しかしながら、聴覚だけでなく触覚や視覚、嗅覚も含めた「場」でなければ体験できない出会いというものがライブハウスには確かに存在するわけで、それらとの接触機会を増やそうとするSonar-uの想いは共感できるし、応援していきたいとも思っていますので、今後もウォッチしていこうと思います(とりあえず、まずはプレサイトに登録しました)