mAi blog

音楽やカルチャーについて、気になることを気ままに書いています。

音楽好き同士の飲み会には「CD交換会」がオススメ!

昨年初頭、飲み会帰りのツイートが思いのほかRTされました。

今回はこの「CD交換会」について、書いてみたいと思います。

まずは、この「CD交換会」が始まったきっかけについて書きたいと思います。このブログを読んでくださっている人のなかには、音小屋という名前を聞いたことがある人もいるかもしれません。これは、音楽ジャーナリスト・鹿野 淳 (@sikappe) 氏が主催する音楽メディア人養成のための講座の名称です(2016年12月からは”ライブ・フェス・イベント”をテーマに、毎年5月のゴールデンウィークに埼玉県で開催される「VIVA LA ROCK」と連動した講座が始まるとのこと)。

そもそもこの「CD交換会」は、音小屋の講座のひとつとして、2013年夏に開催された「音楽の新しい聴き方、接し方、楽しみ方」(講師:音楽ライター・柴 那典 (@shiba710)氏)を僕が受講した際に、柴クラスのメンバーたちとの忘年会のコンテンツとして考えたものだったのです。

この講座では、「フィジカル音源の売り上げ落ち込みが見込まれる中、音楽ビジネスはこれからどうなる?」「Spotifyをはじめとするサブスクリプションサービスは日本で普及するのか?(講座開講当時、ほとんどのサブスクサービスが日本国内で開始されていませんでした)」「ここ数年のフェス現場における”盛り上がり”カルチャーとはなんなのか?」等々、講師も交えた13人で「これからの音楽」について、多角的にディスカッションするというものでした。

参加者を見渡してみると、”音楽好き”は共通するものの、海外エモシーンマニアや、いわゆる邦ロック好き、アイドルヲタにジャニヲタ、メロコア上がり(僕のことです 笑)まで非常に個性豊かな顔ぶれ。せっかくこんなメンバーで行う忘年会なのだから、ただ飲むだけじゃ面白くない、クリスマスも近いし音楽好きらしく”プレゼント交換”をCDでやってみよう!という半ば強引な思い付きで、みんなに提案をしてみたのです。結果として、「CD交換会」は大盛り上がり。3年経った今でも、年数回、柴クラスのみんなで集まる際には必ず行う企画になっています。

初回開催時、ただCDを交換するだけでは面白くないだろうと思って設けたひとつのルールが、この企画を面白くしたのではないかと思います。

「ルール:なぜ自分がそのCDを選んだのかを”熱く”プレゼンする」

企画発案当時、せっかく音楽好きがそれぞれ思いを巡らせてCDを選んできているのだから、ただそれを交換しあって終わり、では味気ないなぁと思ったんです。むしろ、「誰が」「なぜ」「このタイミングで」そのCDを選んだのか、背景にある各々の想い(理由)こそみんなが知りたいことなのでは?との考えにいたり、試しにこのルールを設けてみました。

それぞれが悩みに悩んで持ってきたCDについて語るその”想い”は、CDを受け取った本人の期待を膨らませるだけでなく、受け取ることができなった他の参加者の興味を描き立てるまでになったわけです(かく言う僕も、過去3年間で当たらなかったCDを7枚ほど買っています)。

このメンバーで飲み会をやるときには欠かせない企画となった「CD交換会」。今やCDを交換することよりも、どうプレゼンしてみんなを惹きつけるか、その準備に頭を悩ますほどになり(笑)、このためにみんなで飲み会をやるといっても過言ではないくらい盛り上がるコンテンツになりました。

これから年末〜正月にかけて、音楽好きの友人と忘年会や新年会をする予定がある人も少なくないはず。その際に、コンテンツに困ったらぜひぜひ取り入れてもらったら面白いんじゃないかなと思っています。上記の”プレゼン”に加えて、僕が思う「CD交換会」の面白さを以下にまとめてみます。

①普段出会えない音楽に出会える

「なにを当たり前なことを」という意見が聞こえてきそうです(笑)。読んで字の如くなのですが、少しばかり補足を。今このブログを読んでくれている誰しもが、レンタルCD屋の店内で「このCD(アーティスト)名前くらいは聞いたことあるけど・・・レンタルするのもなんだしなぁ。」と思って結局借りなかったという経験をしたことがあるのではないでしょうか。で、その中には、友達にどんなにオススメされても手が伸びない場合も、実はあるんじゃないかと思います。
ただ、「CD交換会」の場合、音楽好きだと思っている友人の、熱いプレゼン付きでモノそれ自体が手元にくるので「とりあえず聴いてみる」というハードルは、上記の例に比べると格段に下がります。結果として、普段出会わないような面白い音楽に出会える可能性はぐっと高まる訳です(その観点から考えると、参加者は偏った系統の音楽好きで集めるのではなく、オールジャンルから集めた方が面白いです)。

②「レコード屋の楽しみ」を再発見(もしくは実感)できる

この企画は”CD”交換会なので、デジタル音源ではなくCDを買ってこなければなりません。となると多くの場合、参加者はレコード屋に足を運ぶことになります(「オンラインで買ってしまえばいいじゃないか!」という意見もあると思いますが、これまでいくつかのコミュニティでこの企画を開催した結果、参加者全員が自らの足でCDを買ってきていました)。
音源配信やサブスクリプションサービス等の普及で”自らの足で音楽を手にいれる”という経験が少なくなってきているなか、レコード店内を歩き回り、該当の棚を探してCDを手に取る。その過程の中で、店員と話すこともあれば、気になっていたけど忘れていたCDを目にしたり、見たことがないジャケットに心踊ったりすることもあるでしょう。気が付いたら目的以外のCDまでレジで出していることもあるかもしれません(ちなみに「CD交換会「をやると、高確率で買う予定のなかった交換用CD以外のCDを買ってくる人が複数います)。「CD交換会」をとおして、かつては当たり前だったレコード屋でCDを買う楽しみを再発見(人によっては初体験)することができるのです。
今年、Hi-STANDARDが16年ぶりのシングルを告知一切なしでレコード屋店頭のみで発売(後日、通販解禁)したり、Mr.Children桜井和寿がライブで訪問した街のレコード屋にサイン入りステッカーを配布、その店でのCD購入者にプレゼントするという「I❤︎CD shops!」というプロジェクトを始める等、レコード屋を訪問する仕掛けを行なっていることも、こういう面白みの再発見に通じるのかもしれません。

最後に、僕がこれまでの「CD交換会」でもらったものの一部を紹介したいと思います。どれも普段は直接購入はしないものばかりですが、今でも楽しみながら聴いているお気に入りの1枚たちです。

黒木渚「標本箱

f:id:Ai_Tkgk:20161113202617j:plain

 

バンド形態からソロ名義になって初めてのアルバム。バンド時代もあまり聴いたことがなかったのだけれど、幼い頃から小説家に影響を受けたという詩的な歌詞に引き込まれました。

The Joy Formidable「Wolf's Law」

f:id:Ai_Tkgk:20161113202832j:plain

イギリスのオルタナロックバンド。情熱的で重みのあるサウンドとクールビューティーなリッツィの対比が美しい。これをもらったきっかけで知って、この後の作品も全て買っているバンド。

SMAP「Mr.S」

f:id:Ai_Tkgk:20161113204223j:plain

SMAP、シングル曲はほぼ全部知っているものの、アルバムは初めて聴きました。各メンバーのソロ曲の個性豊かさや、作曲陣の豪華さにハマり、他のアルバムも聴くきっかけを作ってくれました。

 

と、ほかにもまだまだもらったCDは多いのですが、全部紹介していると終わらないのでこの辺で。音楽好き同士なら盛り上がること間違いなしな「CD交換会」。ぜひ試してみてください!

※このブログは、2015年1月にOTOZINE | オトジンに掲載頂いたコラムを一部修正・加筆したものです。

MONOEYES 「Get Up」

 

一聴した瞬間、『あぁ、MONOEYESってこういうことをやりたいバンドだったのか』とニヤリとさせられた。10月24日にMVが公開されたMONOEYESの新曲「Get Up」は、MONOEYESというバンドの方向性を示す楽曲となるのではないか。

ミディアムなテンポに、どことなくもの哀しさを感じさせるイントロから始まる楽曲は、Bメロで一気に明るい展開に。この部分で印象的に繰り返されるのがギターのカッティング音。そして、メンバー全員が楽器を抱えて飛び上がるくらいに振り切れたサビでは、シンガロングポイントもあり、盛り上がること間違いなし。

これまで発表済みの彼らの楽曲ではほぼ使用されることがなかたカッティング音と曲の展開に思い出させられたのが、ミシェル・ブランチの「Everywhere」だった。

本来自由なはずのパンクロックは、ここ数年(もしかしたら00年代初期以降から)そこに集う人たちの間にルールや様式が求められるような「ムラ」に変化しつつあり、ある意味で閉じられた社会になりつつあるのではないか。そして、それに耐えきれず、「ムラ」から出て行ってしまった人も少なくはないのかもしれない。

そんな状況にあって、MONOEYESがやりたかったことは、属性なんか関係なく、誰しもが口ずさみ、体を揺らせて踊り、両手をあげて楽しめる王道のロックンロールなんだと、宣言しているのではないかとしたら、それは考えすぎなんだろうか。

「Get Up」のMVの中には、キッズもいればヘッズもいる。着飾った大人もいればお酒やBBQで盛り上がるパリピもいるし、友人同士もカップルも、もしかしたら家族もいるのかもしれない。このパーティーには、この楽曲を聴く人みんながどっかにいる。そんなあらゆるタイプの人たちが一同に集い、踊り、歌う姿と、繰り返される”Just come around(=顔を出しに来てくれよ)”という歌詞に、そういうメッセージを感じずにはいられない。

実は僕自身、最近「ムラ」的なあれこれに少し疲れてしまって(それは年のせいもあるかもしれないのだけれど)、仕事を言い訳にしてライブハウスから足が遠のいてしまいつつある現状にあったりした。ただ、この楽曲を聴いて、『やっぱり顔を出しに行かなきゃダメなんだなぁ』と思い直した次第。みなさん、またライブハウスで会いましょう!

【Fuji Rock Festival 2014】ARCADE FIRE@ GREEN STAGE 7/26

tumblrに投稿していたライブレポをこちらに移しました。

f:id:Ai_Tkgk:20160221223109j:plain

音楽はそれのみで世界を変えられないかもしれないけど、それを聴く誰かの心に良い波風は立てることができるし、その積み重ねで結果として世界もちょっと変わるかもしれない。

少なくても昨晩、長年待ち望んでいた彼らのライブは期待を上回る素晴らしすぎるもので、今だに余韻を引きずってる。

「Reflektor」でスタートし、「The Suburbs」「No Cars Go」「Afterlife」と、名曲を惜しみなく披露。会場中で湧き上がる歓声と合唱。一瞬、本当にこの国のフェスなんだろうかと疑っちゃうくらいの温度感。(自分も含め)それだけ待ってたってことなんだろうけど。

そして、まさかのYMOライディーン」から大合唱の「Wake Up」へ。アンコールなしのおよそ100分、「これぞ世界」という圧巻のステージでした。


Arcade Fire - Wake Up | Glastonbury Festival 2014

もうね、感想を言うなら泣きながら歌って精も根も尽き果てた、って感じです。僕、彼らを知ったのは決して早い方ではなくて、グラミーとった時なんですよね。それで全部音源聴いてハマって以降、来日は実現せず。とにかくYouTubeで海外の映像ばっかり見てました。

彼らの魅力って多国籍なメンバーがそれぞれのルーツをぶつけあって、一見どっかの国の伝統音楽であるようで彼ら自身唯一無二の曲になってるっていう肉体性、みたいなものだと思ってるんです。そして、それらひとつひとつが形は違えど必ず本能的にステップを踏めるっていう音楽の根っこみたいなものも持ってる。で、それは演奏力だけではなくて、それぞれのメンバーの動きみたいなものもそれぞれその国、その人種特有なものがあるような気がして。

そういうものが見事にライブに昇華されちゃってるんですよね。言葉にできなくて申し訳ないんですが、とにかく「これぞトリ」っていうスケール感が圧巻でした。

あれこれうるさい輩が沸きがちな日本のフェスで、肩車とフラッグが立ち上りみんなで合唱する、そんな日本のフェスの「非日常」を見せてくれた彼らに感謝です。

【Fuji Rock Festival 2014】大森 靖子@ Gypsy Avaron

tumblrに投稿していたFuji Rock Festival 2014のライブレポ記事をこちらに移しました。

仲のいい友人達が最近こぞって話題にあげているSSWが大森靖子

そこまで言うなら見てみようと思いつつ、なかなか機会に恵まれていなかったわけですが、どうやら今年のフジに出るらしい。「高橋幸宏さんをスルーして見に行くんだから下手なもんだしたらどうしてくれよう・・・」と思いながらアバロンへ。

結果、行ってよかった。今のところ本日のベストアクト。

最初、観客席後方になぜかご飯ジャー持って待機する大森さん。するとステージに鳴り響く音楽。ステージ上に登場したのは・・・・なぜか元BiSのコショージ。

一方の大森さんは観客にしゃもじでご飯を振る舞いながらステージへ。そして開口一番『フジロックにアイドル(コショージ)出してやったぜ!』

そのまま、ギターを手に取りライブスタート。楽曲は全くチェックしてなかったのでそのあたりは触れずらいんだけど、なんていうかカノジョは「不安定」と「情念」が入り混じる「狂気」みたいなものが凄まじいなと感じました(怖いくらい)。

あとなんていってもカノジョは「ライブの人」だと思いました。

息の吐き方、声のかすれ方、歌う時の表情やアクション、ギターの鳴らし方、、それらひとつひとつが女の子のように可愛らしいなって思った次の瞬間、狂気を孕んだような本能むき出しのスタイルに変わったり、また戻ったり。まるで情緒不安定のような脆さみたいなものがカノジョのライブをものすごく生々しい生き物みたいなものにしていくんだろうな、と。

そして言葉選びが絶妙にギリギリなんですよね。それがまた不安定さと情念を加速させる。圧巻だったのが「風営法放射能、脱法ハーブ、握手会・・・」と繰り返し絶叫し、「音楽は魔法ではない!」と叫ぶ曲(「音楽を捨てよ、そして音楽へ」)。今、音楽ってそういう危険なものに対する意見表明だったり、もしくは時にそういうものにうまく利用されてしまったりするわけだけど、それは魔法のような幻想じゃなくリアルなんだよってのを突きつけられた気がした。


大森靖子『音楽を捨てよ、そして音楽へ』@新木場 STUDIO COAST 11月10日

あとは「デートはやめよう」と言った後に「代わりに生きてることを実感できるようなエロいことをしよう」と歌う曲。すごくリアルなんだよな。四畳半的な恋愛感がひしひしと感じられて。言葉選びの絶妙さとパフォーマンスの凄まじさに圧倒され、終始引きつり笑顔みたいになっちゃいました(これ、褒め言葉です、マジで)

今度、しっかり歌詞見てみようと思います。あと、ライブ後にコショージの旅費稼ぐためにフジロックでチェキ会っちゃうあたり、さすがだなと思いました。

2015年マイベストディスク

 この時期に毎年更新している「マイベストディスク」ですが、2015年版も更新します(昨年までのマイベストディスクは以下のリンク先へ)。

 

昨年までは「5枚を選出後、1枚ベストディスクを決定」という形をとっていましたが、今年は「10枚を順位をつけて発表」という形式に変えてみます。

10. 降谷建志「Everything Becomes The Music」

f:id:Ai_Tkgk:20151230005917j:plain

DRAGON ASHのフロントマン・kjこと降谷建志の1stソロアルバム。バンド時の音源と比べて、全体的に穏やか、かつ伸びやかな楽曲が多い感じがします。DRAGON ASHでできないロックをここで自由に鳴らしてるんだろうな。

9. eastern youth「ボトムオブザワールド」

f:id:Ai_Tkgk:20151230010313j:plain

親しき友人の死、長年連れ添った仲間の脱退を踏まえて制作された作品。楽曲中やリリース時のインタビューでも、音楽で食べていく難しさが赤裸々に語られていることもまた、このアルバム全体に流れる「切実さ」につながっているのだと思う。

8. NOT WONK「Laughing Nerds And A Wallflower」

f:id:Ai_Tkgk:20151230010934j:plain

北海道は苫小牧を拠点に活動する平均年齢20.6歳の3ピースバンド。パンクやグランジオルタナあたりの影響受けまくりな音だけど、一言で表現するなら「初期衝動」が詰まっているアルバム。そんなアルバムが、元・銀杏ボーイズ我孫子氏が主宰するレーベル・KiliKiliVillaからリリースされてるということもステキ。

7. SANABAGUN.「メジャー」

f:id:Ai_Tkgk:20151230011550j:plain

渋谷のストリート発8人組ヒップホップバンド。ホーンを交え、ジャズのビートを取り込んだ生音ヒップホップを若い世代がストリートで鳴らしてる、それだけでかっこいいのに、アルバム全体としての完成度も高くて、今年後半のドライブはこのアルバムばっかり聴いてました。

6. cero「Obscure Ride」

f:id:Ai_Tkgk:20151230012020j:plain

毎回お手上げのアルバムを出してきたcero。ただ、今作はお手上げのレベル感がぶっ飛んでた。ブラックミュージックへの傾倒を感じさせる色気のあるグルーヴ、にも関わらずどことなく感じる浮遊感。個人的には、もう彼らを「東京インディー」とか呼んではいけないな、と思いました。

5. Ken Yokoyama「SENTIMENTAL TRASH」

f:id:Ai_Tkgk:20151230012401j:plain

横山健の、パンクロッカーだけでない、ロックギタリストとしての一面を見せたロックンロールアルバム。とにかく楽しそうギターを弾いている姿に目に浮かぶ。個人的には、シングルカットされた「I won't turn off my radio」は、BugglesVideo killed the radio star」に対する、彼なりのアンサーソングに思えてならない。

4. LEARNERS「LEARNERS」

f:id:Ai_Tkgk:20151230012820j:plain

松田"CHABE"岳二率いるLEARNERS沙羅マリーのセクシーなボーカルに、Riddim Saunterのリズム隊(TA-1&浜田将充)のグルーヴと、CHIEのギターが乗って、奏でられるロカビリーやロックンロールのスタンダードナンバーたちは、踊らずにはいられない。Ken YokoyamaCHABEくんという、AIR JAMシーンを支えてきた2人が2015年にロックンロールにハマっている状況がとても面白いです。

3. Suchmos「THE BAY」

f:id:Ai_Tkgk:20151230014638j:plain

ラジオで「Miree」を聴いて、一発でぶっ飛ばされた。ACID JAZZやHIP HOPを意識的に取り込もうとしているのではなく、自分たちがやりたいことの中に当たり前に存在しているが如く遊んでいる感じが堪らない。神奈川、その中でも海よりの街出身の人たちが創る音楽って、なんでこう、心地いいんだろうか。

2. YKIKI BEAT「When the World is Wide」

f:id:Ai_Tkgk:20151230015303j:plain

初めてカーステレオから流れてきた「FOREVER」を聴いた時、当たり前のように外国のバンドの曲なんだと思った。もちろん、僕は洋楽と邦楽どっちが上だとか考えたことはないんだけど、とにかく感覚的に「あ、かっこいいバンドだな。どこの国なんだろ?」って思った。それくらい、なんか日本人離れした感性や音を持っているバンドなんだと思う。このアルバム、アナログ盤でも出てくれないかな。

1. WANIMA「Are you coming?」

f:id:Ai_Tkgk:20151230015650j:plain

WANIMAの音楽はとにかく嘘がない。Hi-STANDARDMONGOL800をはじめとするメロディックパンクや、HIP HOPやレゲエの影響が色濃く音に反映されているし、友情や愛情、感謝や性欲も含め、今自分が感じていることはそのままストレートに歌詞に現れている。だからこそ、たった一年足らずで多くの人に愛される存在になったのだと思う。熊本の小さな街からある日出てきて、支えてくれるファンを巻き込みながら、どんどん大きくなっていく彼らの様子を、音楽ライターのDA (@DA_chang) さんがブログ中で彼らをこう表現してる。

俺たちにハイスタがいたように、君たちにはWANIMAがいる。もちろん、これまでもハワイアンとかエルレとかが素晴らしい作品を作ってきたけど、彼らが人気出たのって30歳を超えてからで、ハイスタほど“俺たちのバンド!”っていう感覚を持ちづらかったと思うんだよね。でも、WANIMAはまだまだ若い。26~27とかでしょ? ハイスタが「GROWING UP」出したのとほぼ同じ年だよ。ああ、これからいろんな物語が始まっていくんだなぁ……。

自分たちに素直に、いい曲を作って、いいライブをするWANIMAはきっと、16年ももっともっと仲間を増やしていくんだろうなぁ。